芥川龍之介賞

新進作家の純文学(短編・中編)が対象。上半期(12月から5月までに発表された作品が対象)と下半期(6月から11月までに発表された作品が対象)の2回発表。

芥川龍之介賞

第167回 芥川龍之介賞(2022上半期)

「おいしいごはんが食べられますように」
高瀬隼子(著)
芥川龍之介賞

第166回 芥川龍之介賞(2021下半期)

「ブラックボックス」
砂川文次(著)
芥川龍之介賞

第165回 芥川龍之介賞(2021上半期)

貝に続く場所にて/石沢麻依(著)
彼岸花が咲く島/李琴峰(著)
芥川龍之介賞

第164回 芥川龍之介賞(2020下半期)

推し、燃ゆ
宇佐見りん(著)
芥川龍之介賞

第163回 芥川龍之介賞(2020上半期)

首里の馬
高山羽根子(著)
破局
遠野遥(著)
芥川龍之介賞

第161回 芥川龍之介賞(2019上半期)

むらさきのスカートの女
今村夏子(著)

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない“わたし”は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。
2020.06.30
芥川龍之介賞

第162回 芥川龍之介賞(2019下半期)

背高泡立草
古川真人(著)

草は刈らねばならない。そこに埋もれているもは、納屋だけではないから―。長崎の島に暮らし、時に海から来る者を受け入れてきた一族の、歴史と記憶の物語。
2020.06.30
[スポンサーリンク]
タイトルとURLをコピーしました