2020-03

舟橋聖一顕彰青年文学賞

第31回 舟橋聖一顕彰青年文学賞(2020)

水槽と病室
薛沙耶伽(著)
舟橋聖一文学賞

第13回 舟橋聖一文学賞(2020)

がいなもん 松浦武四郎一代
河治和香(著)

絵師の河鍋曉斎の家に絵の催促にやって来てはイヤミ連発!しかも昔話が始まると止まらない!(…けど、面白い!)生誕二〇〇年。北海道命名一五〇年。
ラノベ好き書店員大賞

ラノベ好き書店員大賞2020

探偵はもう、死んでいる。
リアデイルの大地にて
Unnamed Memory
北区 内田康夫ミステリー文学賞

第18回 北区内田康夫ミステリー文学賞(2020)

暗い駒音
西浦理(著)
なじみの将棋クラブで、西原と対局した自称「三段」の若い女性。終了後、西原は彼女から思いがけない依頼を受ける・・・
笠岡市木山捷平文学選奨

第15回 笠岡市木山捷平文学選奨(2020)

川端豊子
夕焼けの音

主人公の私は五十歳の女性で家政婦をしている。夫は単身赴任で、息子は就職して家を出た。家政婦紹介所から派遣された先の女主人、片桐蕗子(七十八歳) は耳が聞こえないので、手話ができる私が抜擢された。蕗子の夫、静夫は二年前に亡くなった有名な画家だ。私が蕗子に仕えた半年間の出来事が綴られる。
吉川英治文学新人賞

第41回 吉川英治文学新人賞(2020)

八本目の槍
今村翔吾(著)
スワン
呉勝浩(著)
仙台短編文学賞

第3回 仙台短編文学賞(2020)

境界の円居(まどい)
佐藤厚志(著)
西の正倉院 みさと文学賞

第2回 西の正倉院 みさと文学賞(2020)

六花の絆
牧野恒紀(著)
唄をうたひて
悠井すみれ(著)
ゆきのまち幻想文学賞

第30回 ゆきのまち幻想文学賞(2020)

神仕舞(カミシマイ)
あまのかおり

益田昌
京都文学賞

第1回 京都文学賞(2020)

もう森へは行かない 松下隆一(著) 太秦――恋がたき 藤田芳康(著)
角川つばさ文庫小説賞

第8回 角川つばさ文庫小説賞

デスコレ!—運命は、変えられる—七海まち(著)あらすじ中学1年生の美羽は、人の顔を見ると、その人に起こる「よくない未来」が見えてしまう。ある経験からこの力に恐怖をおぼえた美羽。なるべく人とかかわらずに過ごしてきたのに、先輩が事故で重傷を負う未来を見てしまった。何もできず震えていると、起こるはずの未来...
広島本大賞

第10回 広島本大賞(2020)

流星コーリング
河邉徹(著)
2020年に現実に流されるという人工流星をテーマに、その舞台となる広島で繰り広げられる青春SFストーリー。広島県廿日市中央高校の天文部に所属するりょう。人工流星の話を聞き、当日見に行くのだが…。
タイトルとURLをコピーしました